合同説明会では色々な会社を回ろう

多くの企業が同じ場所に集まる合同説明会では、初めての本格的な就職活動とあって、その人数と熱気に圧倒されてしまう場合が少なくありません。

しかし、すでに他の方との競争はスタートしているので、自分の手札を増やすためにも色々な会社を回っておくのが鉄則です。

数をこなす理由は、多くの会社の人事担当者に自分の名前と顔をアピールするためですが、それ以上に自分自身が就職活動という場に慣れておく必要があるからです。



合同説明会であれば、個別に問い合わせをしなくても良いので、時間と手間をかけずに様々な会社の社員と直接会えます。

そもそも、自分が何をやりたいのかすら不明なままでは、競争倍率が高くなった正社員の椅子を奪うには心もとない状況です。



すでに社会人として立派に活躍している人間と接することで、自分自身の志望動機や志望する業界などを見直してみましょう。

学生は年配の社会人と話す機会に乏しいから、なおさら就職活動の序盤で開催されることが多い合同説明会によって、他の応募者に差をつけるためのヒントをつかんでおくべきです。



個人として臨機応変に動きやすい合同説明会を有効活用して、あまり興味をひかれなければ途中でこっそり抜けるといった柔軟さで、要領良く色々な企業ブースを覗いてみましょう。


半日から1日ぐらいの時間だけで複数の会社を効率良く回れる機会はこの合同説明会ぐらいだから、自分なりに目的意識をもって参加するのがベターです。